虫歯治療

岡山市北区の歯科医院ウェルカムデンタルクリニックの方針は、
歯をなるべく抜かずに治療するということです。
患者様の本来の歯を活かし快適な生活を送っていただけるよう、
様々な知識、技術、方法をもって治療にあたります。

*
*
*

当院が大切にしていること

*
天然の歯を可能な限り多く永く
残せるように

天然の歯は一度でも削ってしまうと二度と元には戻りません。被せ物や詰め物で治療をしても、元の状態に戻ったわけではないのです。削って治したからもう大丈夫!と、虫歯になりやすい生活習慣を改めることなく過ごしていれば、当然虫歯は再発します。虫歯になったら削って、詰めて、また虫歯になって…という悪循環の繰り返しで天然の歯はどんどん削られ脆くなり、歯の寿命は短くなる一方です。
当クリニックでは、MI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療と呼ばれる、なるべく削らない・抜かない治療に取り組み、可能な限り天然の歯を残すことを重視しています。虫歯になってしまったら早期治療でできるだけ歯にダメージの少ない治療を行い、治療後は再発を予防するための定期メインテナンスを行っていきます。

虫歯について

*
虫歯になる原因は?
どうやって防ぐの?

虫歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わって発生すると言われています。
虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)は歯垢(プラーク)に多く含まれており、その細菌は食べ物の糖分やタンパク質を分解し、酸を排出します。その酸が歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かしてしまうことで虫歯ができてしまうのです。
「歯みがきはしないし、甘いものが大好きだけど虫歯が無い」…そういった方もいますが、虫歯になりやすいかどうかは、元々の歯質や口腔内環境に左右される場合が多く、口腔内の細菌の量が少なかったり、「だ液」に溶け出したカルシウム、リンなどの成分を元に戻す働きが強い方は虫歯になりにくい傾向にあります。

  • 糖分
    常に間食していると口の中が酸性になり、虫歯になりやすくなります。だらだら食いを控えたり、糖分の少ないおやつの選択など、時間を決めてバランスのとれた食生活を心がけましょう。
  • 細菌
    菌の塊である歯垢(プラーク)の除去は歯科医院で定期的に行いましょう。また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きを持つキシリトールやフッ化物配合の歯みがき用品も活用してください。
  • 歯質
    虫歯のなりやすさを左右する歯質は一人ひとり異なります。歯の再石灰化を促進するフッ化物をうまく利用したり、よく噛んでだ液の分泌を促進することで、歯質を強化することができます。

虫歯はこうして
進行します

  • *

    歯の表面に虫歯が
    できます

  • *
  • *

    虫歯が神経に近くなり、

    冷たいものがしみます

  • *
  • *

    熱いものがしみて、

    ズキズキ痛みます

  • *
  • *

    神経が死んでしまい、

    痛みを感じなくなります

痛みがなくなったから
といって放置していると…
虫歯が進行して歯の根(神経)まで達し、細菌と膿がたまって炎症が起きると、硬いものを噛むと痛んだり違和感を感じるようになります。そこから全身に細菌が侵入して心筋梗塞などの身体の病気につながる危険性も考えられます。お口はもちろん、身体の健康を守るためにもまずは予防を重視して、それでも虫歯になってしまったら早期に発見・治療を行うことが大切です。
  • *
  • *
  • *
  • *

進行した虫歯の治療

*
虫歯が歯の根・神経にまで及んだら、
細菌感染した歯髄を徹底除去

歯の根の中には「根管(こんかん)」と言われる、神経や血管が入っているとても細い管があります。虫歯が悪化すると、前述の通りその根管にまで細菌が侵入してしまいます。既に神経のない歯でも根の先端にまで感染が及んだりすると酷い痛みや腫れが生じてしまうため、「根管治療」と呼ばれる、根管をきれいに掃除して感染物質を除去する治療が必要になります。
根管治療には、歯という小さい部位の、さらに奥の暗くて狭い場所で行われるためミクロ単位の精密さが求められます。肉眼では勘に頼るところが大きいですが、岡山市北区の歯医者ウェルカムデンタルクリニックでは、歯科用顕微鏡:マイクロスコープを用いることにより、精密で的確な根管治療、歯の神経の治療を可能にします。

こだわりの充実設備で
安心と信頼の
高度歯科医療をご提供

  • お知らせ
  • イベント
  • コラム
  • Instagram
  • インスタ医院見学
  • 募集要項